サプリメントを欲している国

サプリメントを欲している国

サプリメントの発祥国はアメリカであり、現在でもサプリメント大国として世界一のサプリ浸透率を誇ります。

浸透率が世界一という理由の1つは、医療保険が高いということ。
アメリカは医療保険が高く加入していない国民がほとんどです。
保険に入っていないとなれば、一回の治療費が高く病院に行くこと自体が家計を苦しめるわけです。
これを予防するには、普段から健康管理を意識するのが当たり前になってきます。

そこで注目が集まったのがサプリメントです。

お薬ではありませんが、サプリメントを生活の一部に取り入れることで病気を予防することができます。
高い医療保険、医療費を払う前に、サプリメントで病気予防をするのがアメリカだと言えます。

その他にも、サプリメントが浸透する要因として「先進国であること」というのがあります。
アメリカに限らず、忙しい国ほどサプリメントを必要とする国民が増えるというわけです。
日本も例外ではありませんよね?
心身ともに疲れているのは、やはり日々の忙しさからくる人も多いのではないでしょうか。

最近ではタイやインドネシアのシェア率が伸びているようです。
サプリメントが浸透するのは便利で嬉しい反面、何か複雑な気持ちになるのは私だけではないはずです。

copyright(C)サプリメントに挑戦